会長挨拶

大阪狭山市医師会のホームページにアクセスしていただいてありがとうございます。
大阪狭山市は、北・西と東で富田林市、南で河内長野市と接している人口58,000人の小さな市です。また日本最古のため池、狭山池があり、年中健康のため歩く人が絶えません。「市の木」は桜で、春には狭山池の周りは満開の桜を見に、たくさんの人がこられます。大阪狭山市医師会は約105名の医師会員全員の協力のもと地域住民の福祉、介護、健康のため

  • 大阪狭山市健康祭り
  • 予防接種事業
  • 幼稚園、小学校、中学校、高校の学校医
  • 大阪狭山市、河内長野市、富田林市医師会とともに南河内広域小児救急
  • 大阪狭山市医師会の休日診療所
  • 住民のための特定検診癌検診
  • 羽曳野労働基準局内の産業医活動
  • 住民対象の健康講座
  • 大阪狭山市診療所マップ作製配布
  • 医療・介護便利手帳発行

などその他多くの事業を行っています。

現在住民の健康意識が高まり、生活習慣病の予防、改善。また癌予防のため癌検診の受診率向上を努力しています。ぜひとも当医師会員をかかりつけ医、在宅医としていただき、よき相談相手として住民の健康増進、健康維持を行っていければと考えています。
厚労省の2025年までに地域ケアシステム構築をうたっています。
大阪狭山市内の病院と診療所の連携を取り、在宅医療を行い、そのうえ看護、介護関係者との連携を十分に行い大阪狭山市とともに早期にケアシステム構築が出来上がる努力をしています。

このホームページにより、当医師会をよく知っていただき、地域住民の皆様の御協力のもと、よりよい医療・介護・福祉を提供するよう努めてい行きたいと考えていります。

一般社団法人 大阪狭山市医師会
会 長   砂川 満

ページの先頭へ登る